シチュエーション別オススメの事業資金の融資方法

事業をするにはお金が必要

何かしらの事業をするうえで、資金調達は必要不可欠です。資金調達する方法はいくつかありますので、どんな方法があるのかご紹介します。

事業資金を調達するなら融資を受けるべし!

財布

起業をするなら公的融資を受けよう

一般的な場合、民間企業のローン商品や銀行から事業資金の融資を受けると思います。しかしながら、起業をする場合経営実績がありませんので、審査が通りづらいです。そのような時に便利なのが公的融資です。公的融資は、他の融資と比べて審査が緩いので、審査が通る可能性が高いです。

男の人

設備投資が必要になったら不動産担保ローンの活用を

事業を運営していくうえで、設備投資が必要になるケースがあります。そのような時は、まとまった金額が必要です。もし、住宅など何かしらの不動産を所有しているのであれば、不動産担保ローンを利用してみましょう。不動産を担保にすることができるため、高額の融資を受けることができますよ。

電卓

運転資金の調達は事業者ローンや手形割引がオススメ

事業を運営する際、事業所の家賃の支払いなどをするための資金が必ず必要になります。また、場合によっては、すぐに資金を調達することもあるでしょう。このケースの場合は、事業者ローンや手形割引を利用するのがいいと思います。事業者ローンは、保証人や担保が不要な場合が多いですし、融資を受けるまでに要する日にちが短いです。次に手形割引ですが、取引先から受け取った手形を、支払期日前に銀行や専門業者に買取ってもらい現金化する方法です。支払期日よりも早く現金化することができるので、運転資金の調達に適していると言えます。

起業時に融資を受ける際の自己資金を用意する方法

貯金箱

地道に貯金する

起業をする際に融資を受ける場合、自己資金が必要になりますが、今まで貯金していたものであれば、審査時に高く評価されます。もし、会社員として働いたことがあるのであれば、その時に貯めたお金を自己資金として申告するようにしましょう。

株を売却する

株の評価額が高い場合、売却すればすぐにまとまった自己資金を調達することができます。株の相場は毎日変動しますので、この方法で調達するのであれば、持ち株の評価額が高い時に起業するようにしましょう。

退職金で賄う

何らかの会社に勤めていて、かつ退職金を受けることができるのであれば、そのお金を自己資金に充てるのも一つの手です。退職金をあてにするのであれば、退職金を受けることができるタイミングを確認したうえで、起業するようにしてください。

贈与してもらう

家族や親族からお金を受け取ることでも、自己資金として認定してもらえます。なお、家族や親族からお金を受け取る際は、贈与税がかかる場合があることを頭に入れておきましょう。

融資は受けておいたほうがいい

長く事業を運営したいのであれば、何らかの融資を受けることを推奨します。その理由について取り上げましたので、是非参考にしてください。

融資を受けることによるメリット

マネー
no.1

チャンスを逃すことがない

一番のメリットではないでしょうか。もし、利益を上げることができるビジネスがある場合、様々な企業がそのビジネスに参入します。そのビジネスをやりたくても資金がない場合、参入することができません。早めに参入するのが成功のカギなのです。融資を受けることで、資金が潤沢になり、タイミングを逸することなく、ビジネスチャンスをモノにできるでしょう。

no.2

取引先と交渉がしやすい

こちら側が発注側として、取引先と交渉をするケースは多いと思います。何かしらの品物を発注する場合、その分の費用が発生しますが、利益を出すために、なるべくコストを抑えたいものです。融資を受けることで多くの資金がありますので、大量に仕入れることを約束して値引き交渉をしましょう。大量に発注することで、受注側も利益を上げることができますので、値引き交渉に応じてくれる可能性が高いです。

no.3

信用を得ることができる

信用が高いと、融資の審査が通りやすくなります。融資を受けてきちんと完済することで、融資側へ「返済力がある」というイメージを与えることができます。このような実績を積み重ねることにより、信用度が増していくのです。

事業者ローンの申し込み