フラット35を利用できる審査基準とは?[住む家も審査される]

HOME>info>住宅ローンはフラット35が安心[審査基準は把握しておこう]

マイホームを購入するなら住宅ローンを利用しよう

夢のマイホームを購入することに憧れる方は、少なからずいらっしゃると思います。しかしながら、マイホームを購入する際、多額のお金が必要です。購入費用を全額捻出できればいいのですが、ほとんどの場合、お金が不足するかと思います。そのような時は住宅ローンを利用しましょう。

覚えておきたい住宅ローンの基本的知識

財布

住宅ローンを申し込めるところ

住宅ローンは、銀行やノンバンクなどで利用することが可能です。なお、住宅ローンの中には「フラット35」という金融機関と住宅金融支援機構が提携しているローン商品も存在しています。

借入金額は生活に支障がない額にしないといけない

住宅ローンを利用してマイホームを購入すると、長年に渡ってローンを返済しないといけません。そのため、生活に支障がでるくらい借り入れしてしまうと、ローンの返済ができなくなってしまいます。専門家とよく話し合ったうえで、借入金額をきめましょう。

団体信用生命保険について

先述の通り住宅ローンは長年に渡って支払うことになります。しかしながら、返済期間中に死亡したり高度障害になったりして返済ができなくなってしまうケースがあります。そんな時に役に立つのが団体信用生命保険です。この保険に加入していると、万が一の時に生命保険会社がローンを支払ってくれます。ほとんどの住宅ローンが、この保険への加入を必須としています。

住宅ローン控除について

住宅ローンを利用すると、ほとんどの場合が住宅ローン控除を受けることができます。少しでも経済的な負担を減らすためにも、忘れずに確定申告しておきましょう。なお、会社員の方は、2年目以降は年末調整で控除を受けることができますので、1年目だけ確定申告が必要です。

金利のことも覚えておこう

どのような住宅ローンでも金利がつきものです。なお、金利には「固定金利」と「変動金利」の二つに分かれており、どちらの金利の住宅ローンを利用するかによって、ローンの返済額が変わりますので、きちんと2種類の金利の特徴を把握しておきましょう。

固定金利と変動金利の違い

固定金利

借り入れ時から返済が終わるまで、金利が変わらないタイプです。フラット35もこのタイプの金利を採用しています。何よりのメリットは、金利が固定されているため、借り入れする時点で今後の月々の返済額が分かることです。

変動金利

一定期間ごとに金利が変わるタイプです。5年ごとに返済額が変わるのが大きな特徴です。固定金利とは違い、金利が下がると返済額も少なくなるのが魅力でしょう。

住宅ローンはフラット35が安心[審査基準は把握しておこう]

円

フラット35には独特な審査基準がある

どのような住宅ローンでも審査が入ります。一般的な住宅ローンは、勤務先や年収など個人に対しての審査をしますが、フラット35は個人に対しての審査に加えて、対象となる家が、住宅金融支援機構が定めた技術基準を満たしているかどうかも審査します。

女の人

フラット35の審査に落ちた原因として考えられるもの

人によっては、フラット35の審査に落ちることもあります。もし、審査が通らなかったとしたら、原因は住宅の技術基準にある可能性が高いです。個人に対しての審査は、クリアできる条件は難しくないものがほとんどです。一方で住宅に対する審査ですが、質の高い住宅に住んでもらいたいことを目的としてフラット35が誕生しましたので、審査のハードルが高いです。審査に落ちた場合、まずは住宅の技術基準をクリアしているか改めて確認するようにしましょう。

電卓

フラット35をオススメしたい人

フラット35の大きな特徴は固定金利型であることです。変動金利型だと、金利が下がった時は返済額が少なくなるので嬉しいですが、金利が上昇した時は上限こそあれど返済額が高くなります。そのため、金利の変動で一喜一憂したくない人にとってぴったりなローン商品と言えます。

前もって審査基準を把握するのが大切

審査基準を満たさないと、フラット35を利用して住宅を購入することができませんので、必ず審査基準はどういうものがあるか確認しておきましょう。