カードローン借り換えを行なうならシミュレーションをしよう

HOME>レポート>カードローンの借り換えをする際にやっておいたほうがいいこと

カードローンの借り換えをする際にやっておいたほうがいいこと

ウーマン

審査を受ける必要がある

カードローンの借り換えをするにあたって、新しいローン会社で審査を受ける必要があります。これは、そのローン会社によって条件が異なるため、インターネットなどの情報を得てから申し込むことがポイントです。そして、準備として複数個所でローンを組んでいる場合、極力減らしておくことです。カードローンを新規で申し込むときにはその時の状態で審査されています。それと同じように、改めてカードローンの借り換えも同じように現時点でも状態で判断されます。そうなると、審査に通りにくくなります。特に、金利が低いところは基準も厳しく設定されていることもあるため、整理をしておくことが大切です。そして、申し込み方法としては、店頭の他インターネットからも審査を受けることができます。そのため、現在の借入残高や証明書を用意しておくk十が必要です。

カード

返済額を減らす

カードローンの返済を減らす方法として、金利が低いところに借り換えをするという方法があります。基本的には、残額に対して金利がかかるため、金利が低くなることによって総返済額を減らすことに繋がります。ローン会社によって18パーセントのところもあれば14パーセントのところもあります。そこで、カードローンの借り換えをする時に金利を比較してみることが重要です。それに加えて、金利には幅があり審査の結果によって決められます。そのため、返済額を減らすためにも今のカードローンよりも低い金利になるかをシミュレーションしてみることが大切です。一般的に15パーセント以上であれば借り換えをしたほうがメリットもあり、10パーセントであれば行わないほうが良いです。そして、一度借り換えをすると借り換えしづらくなるため、判断は慎重に行うことが必要です。しかし、うまく金利が低くできれば大きなメリットとなります。